よりみち団子

【FFRK】「異次元の扉 異端の魔女」開催&FFRKレポートを見てみよう

スポンサードリンク

おまっとさんです。

クリスマスからお正月とお祭り続きだったFFRKもやっと終了して新しくスタートを切ろうとしてます。

今回はメビウスFFとのコラボイベントが開催されましたね。しかし私は肝心のメビウスFFの方はプレイしておらず、あまり内容も喋れずキャラクター達もよくは知らないので、今回はイベントの最後のクエスト【凶++】無明冥府のクリア内容のみとしようかと思います。

周りにメビウスの面白さを教えて下さる方がいればやってみようかと思うのですが...。

そして、FFRKの2017年1月のイベントスケジュールのFFRKレポートが発表されましたね。今回はそちらの方も覗いてみようかなと思います。

今回はFF6イベントが直ぐに開催されるので個人的に楽しみですね♪


【凶++】無明冥府

f:id:spookyman:20170106212451j:plain
「アニマ」

なんでアニマがメビウスで登場イベントで登場してるのか不思議だったのですがちゃんと理由があるのですね。

メビウス内のマルチクエストで戦う事があるみたいで、他の歴代シリーズのボスがメビウスの方では登場する機会があるみたいで、その辺はFFRKとさして違いは無いのですね。

今回はFF1メンバーのみでクリアがミッションみたいですが、育っているのはお気にいりのガーランドさんだけという私のFF1メンバーです。

なので今回はガチパで挑みます!!

パーティ編成

f:id:spookyman:20170106213422j:plain

【レインズ】アタッカー

メメント・モリは闇属性で吸収対象なのですが一回しか使用する機会もなく、ほんの少しのダメージ吸収程度ならいいと思い持っていきました。バフ効果の方が大事なので。

その後はいかりでゲージため後にバーストでバーアビを連打をしていく形です。

【ヴァン】デバフ

基本の私のコンボの力を盗む→アークブラスト→魔功破壊→防御破壊→力を盗むのループで回していく形です。

【たまねぎ剣士】バフ・デバフ

開幕にバースト後、追加切り→フルブレイク→追加切りのループでアタッカーは他のメンバーに任せます。

【レナ】ヒーラー・アタッカー

レナはプロテガ後にダディアで攻撃に参加してゲージを溜めて、その後バースト→バーアビで攻撃してたまに回復する感じですね。

【パンネロ】ヒーラー

特に厄介な状態異常も無いのでケアルガとシェルガで十分ですね。

【備考】

今回は厄介な攻撃をあげるなら「メガグラビトン」の割合ダメージ位で対策に即死耐性のアクセでカバーしていって、後はバフ・デバフさえキッチリしておけばなんて軽減できるのみたいなので戦いやすい相手ですね。

立ち回り

f:id:spookyman:20170106214836j:plain

開幕あれこれ準備していたのですが...いきなり前列のヴァンが殴られて何とその被ダメが4800と大ダメージを位少々慌ててますw

バフ・デバフ・フレンド鉄壁を入れないとかなり痛いダメージを受けるので立ち上がりが結構キビシイ感じになるかも知れませんね。開幕に速攻で鉄壁を入れた方が立ち上がりは安定しそうです。

でも後は【凶++】って難易度なので最近の【滅+】に比べるとギリギリの攻防を要求される訳でもなく、弱点を突いた攻撃で攻めていけば特に苦戦する内容ないはずですね。

f:id:spookyman:20170106215411j:plain

途中から攻撃に参加したレナのバーアビも4000×4と大きなダメージ源にもなりました。結構白魔法系のバーアビの威力はバカには出来ませんね。

後半にかけて何やらアニマが「カオティック・D」をする為のテキストが上に表示されてチャージがはじまるみたいですが、そこは一気にオーバーフロー何かで決めてしまえば発動前に撃破できました。

f:id:spookyman:20170106215939p:plain

シリーズメンバーではありませんが今回のボスを倒せたの良しとしましょうw

f:id:spookyman:20170106220056p:plain

スポンサードリンク




FFRKレポート1月

公式からアナウンスがあって年明け後の1月のイベント開催予定が発表されましたね。

流れとしては

ナイトメアダンジョンと新仕様登場(1月7日から)

1月7日にナイトメアダンジョン難易度300のダンジョン登場とシステムに「フルスロットルバトル」「記憶の超共鳴」「ATBゲージの一律化」が実装となっていますね。

「フルスロットルバトル」

必殺技ゲージが3つたまった状態でバトルがスタートして、戦闘中の必殺技ゲージがたまることは無く、「いかり」や「エンドアスピル」などのゲージを溜めるアビやレコードマテリアの「エースストライカー」系もこの条件下だと力を発揮できないようですね。今まで必殺技をメインとした立ち回りではクリア難しいよとの事になりますね。

「ATBゲージの一律化」

難易度300のダンジョン時は開幕のゲージが満タン状態でスタートになるみたいで、素早さの高さが重要視されるとの事ですね。今までそこまで素早さのステだったり気にしなかったのですが、今回でそれを活かそうと運営さんのアイディアですかね。最初の一手がどう戦況を左右するのかが課題となるのでしょうか?

「記憶の超共鳴」

これも難易度300のダンジョンのみの発動で今まででもあった。シリーズキャラの共鳴効果をよりパワーアップさせた効果らしく今後はこの辺も考慮した編成を組まなければならない形ですね。効果がどれ位かがわからないので何とも言えませんが、下手なシリーズ対象外のレベル99キャラよりもシリーズ対象キャラで80レベルの方がステータスが大きくあがるなんて事にもなりそうでシリーズとしての強みがでてきますね。

今後のパーティ編成やアビリティを所持していくなど更なる事を求められそうですね。しかしナイトメアダンジョンなので慌てずとも装備なりキャラのレベル・アビが充実してから挑んでも遅くはないのでマイペースに私はいきますかね。

FFVIイベント(1月13日から)

来週のからFF6のイベントが開催されるみたいですね。

フォーカスはマッシュみたいでFFRKでは色々と辛酸を飲まされてる印象のマッシュ。

f:id:spookyman:20170106223137p:plain

バーストも実装されているのですがそれでもイマイチ株があがらず他のキャラに居場所を取られてる印象です。しかし今回でレジェンドスフィアとマテリアがマッシュとプラスでセリスも解禁となりますね。

そしてなんてなるものが登場するみたいで、皮切りに『マッシュ』『セリス』『ティナ』『リルム』が対象となるみたいです。現在のレジェンドマテリアとはまた違った効果みたいなのも見所ですね。

マッシュはレジェンドスフィア&マテリア実装と実装される予定のレジェンドマテリア付き装備の登場で現在FFRK内の評価を変える事になるのか?とても楽しみですね。

ファイナルファンタジーブリゲイドコラボ(1月14日から)

こちらもFFRKと同じくモバゲーさんが運営してるFF系のソシャゲみたいで全然知りませんでしたw
そしてコラボと同時にドレスコードの投票キャンペーンが開催みたいで、ファイナルファンタジーブリゲイドに登場するレジェンド達の衣装の中から、票が一番多かったものがFFRKにドレスレコードとして登場できるみたいですね。これはお気に入りのキャラがいる方は見逃せませんね。

しかし運営さんはドレスコードを中々出しませんね。ドットの打ち込むの大変でしょうがこれからもドンドン実装して欲しいものです。

FFIXイベント(1月20日から)

イベント内容は「小さな火種、大きな決意」となっていて名前の通り、ビビとスタイナーにフォーカスが当てられた内容になるみたいですね。この2人もレジェンドスフィア&マテリアが解禁されるみたいで気になる所です。

装備は今回も炎属性をメインにした必殺技となるのか?別の属性攻撃となるのかその辺もどうなるかですね。FF6と同様にレジェンドマテリア付き装備も登場するでしょうし、どういった強化がされるのでしょう。

FFXIIIイベント(1月下旬)

追加キャラにナバートさんが登場するみたいですね。私のこの人好きなですよw

f:id:spookyman:20170106225325j:plain

めっちゃグラマーでちょっとSっ気があってでも本編では大した活躍をしていないので印象に薄い人も多いのでは無いでしょうか?

後のFF13-2のDLCとして登場して仲間にできて、物理と魔法を両方使えてハイブリッドキャラになるかも知れませんね。美人のお姉さんは大歓迎です♪

サガ スカーレット グレイスコラボ(1月中に開催)

唯一日程が分からないのではっきりと言えませんが、コラボ系装備はあまり性能的にはパッとしないものが多いのですが、今回もそういった形になるのかどうかですね。

サガスカは私は購入してるのですが積みゲー行きになっているのでその内にやりたいですねw

まとめ

色々と新機軸とボリュームたっぷりの1月のラインナップですね。

さぁフェスが終わってミスリルもリアルマネーも結構使い果たした人何人かはいるんじゃないでしょうか?

今後は自分の先見の明が問われる機会が増えそうです。

私はある程度見切りをつけてプレイしてるので問題無しですが迷ってる人や困ってる人にひとつアドバイスを送るなら

ソシャゲはイタチごっこが基本

ということを頭にいれておくことも重要ですよ

遊びや娯楽とはいえ、行き過ぎやり過ぎて後の祭りなんてなっても誰も知りません。

別に個人の自由だから深くは突き詰めませんが、改めて自分のプレイングと目的を見失わないように今後もプレイしていきましょう♪

↓FFRKに興味が沸いた人、未プレイの人に見てもらいたい記事です。
spookyman.hatenablog.com

広告を非表示にする