よりみち団子

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【FFRK】FF6「色褪せぬ永遠の愛」開催!ロックについて少し思い出してみた。

スポンサードリンク

おまっとさんです。

 

今回は10月の後半のイベントFF6「色褪せぬ永遠の愛」が配信されました。

https://cdn-image.pf.dena.com/fa9c327e33426cd5e3dff097aa3feee754c90f9a/1/dacecd44-9ba2-3433-93d8-01d18482f754.png

バナーから見ても分かる通り、セリスロックにスポットを当てたイベントみたいですね。私は個人的に大好きなシリーズのFF6なんで、今回はとても嬉しいです。

 

でまずはイベントと同時配信の第一弾ガチャも一緒に配信されたので、前々から引くことに決めていたので、今回は引いてみました。

結果はこちら・・・

f:id:spookyman:20161021184441j:plain

被りはしましたが、FF6は全体回復要員がいなかったので、リルムが来てくれた事は本当にありがたい!自前のFF6メンツはヒーラー以外は揃っていたので、ミッション攻略も今回はできそうです。リルムよろしくね♪

 

個人的に気になった装備を考察していこうと思います。FF6ガチャの第一弾の目玉はロック・セッツァー・エドガーですかね。

まずはロックにオーバーフローが追加されました。

http://altema.jp/ffrk/wp-content/uploads/2016/10/27601.png

今回の目を引く所といったら待機時間の短いって所ですよね。これはかなり嬉しいですね。これだけ見るとかなり強いんじゃない?と思ったのですがそうは問屋が卸さないようです。まずはダメージ倍率が10倍みたいです。これはオーバーフローの中では結構低い方の部類に入ってしまいます。そして使える場面を限定される炎&聖属性ですね。これが個人的には聖属性無属性なら嬉しかったのですが、

そして武器に聖属性強化(小)です。これが炎属性ならまだ良かったのですが、っていうのもロックのバーストが炎属性弱体化付与です。

http://altema.jp/ffrk/wp-content/uploads/2016/03/17301.png

今回新規で追加された超必殺技も炎属性纏いなんですよね。

http://altema.jp/ffrk/wp-content/uploads/2016/10/27605.png

武器の聖属性強化と噛み合ってない感じがなんとも勿体無いです。ただ腐ってもオーバーフローなので、トドメの場面での待機時間が短いって言うのは活きてくるかもしれませんね。

演出は中々の出来だと思います。ロックの恋人でもあったレイチェルの幻影を映し出すフェニックスの魔石を取り出し、レイチェルと同時に舞い上がる感じはいいですね。一瞬だけレイチェルが眠りについていた。コーリンゲンの村が映るのも細かな演出ですね。ただセリスが同じパーティにいたら、ちょっと複雑な心境になりそうなオーバーフローですねw

そしてセッツァーのバーストも登場ですね。

http://altema.jp/ffrk/wp-content/uploads/2016/10/27603.png

これは結構嬉しい攻撃&魔力ダウン(大)のデバフバーストですね。アグ姐さんの乱命割殺打と同等の効果でしかも、ランダムで7回攻撃が運が良いと14回攻撃で複数の敵にもバラ撒けるのはかなりいいですね。最近は強力なボスが複数で来ることも多いので今後の活躍できるじゃないんですかね。火力系に比べてデバフ系必殺は腐る事があまり無いですからね。

バーアビは攻撃&物防ダウン(小)と魔力&魔防ダウン(小)で、効果(小)が残念に見えますが、重複しやすい効果の組み合わせなので、他のデバフ役キャラが居ても遠慮せず使えますね。ソロよりマルチで活きるバーストだと個人的は思いますね。引けなかった私は、近々配信予定のデバフ効果系ピックアップガチャのラインナップに乗っている事を願うばかりですw

 

待望のエドガーのバーストも登場ですね

http://altema.jp/ffrk/wp-content/uploads/2016/10/27604.png

何故かオーバーフローが先行して実装されたエドガーです。オーバーフローが結構残念な性能に収まってしまったエドガー、今回でやっと毒属性纏いが来て、オーバーフローで高火力を出せるようになった感じですね。残念といっても現在の段階では、全体攻撃できるオーバーフローは貴重な性能の部類に入ります。最近配信されてるくろきしなどの複数を相手にする時なんかは、纏いからの全体攻撃オーバーフローが活躍してくれるかもしれませんね。

これも個人的ですが演出が結構お気に入りですね。マスクを被ったかいてんのこぎりで切り刻む演出と、何気にバーアビの演出もカッコイイですね。

 

そいえば同時にハロウィン装備もプレゼントできてますね。

https://cdn-image.pf.dena.com/fa9c327e33426cd5e3dff097aa3feee754c90f9a/1/3fc930bf-2fca-3bba-90f6-79bf0813d08c.pnghttps://cdn-image.pf.dena.com/fa9c327e33426cd5e3dff097aa3feee754c90f9a/1/f7918166-f6eb-3370-9bee-c5b44e1e2359.png

共鳴はJOBシリーズで特別な必殺技も無く、若干手抜きを感じる性能ですwまぁ記念といった所なんでしょう。せっかくだから何かもう一声欲しかったなぁ・・・。

 

ここからはFFRKに関わる内容では無いのですが、今回のイベントでスポットが当たってる、今回はロックについて簡単な情報を調べてみます。

【ロック】

http://img4.meristation.com/files/imagenes/general/locke.png

天野喜孝:画)

http://altema.jp/ffrkimg/chara/24.jpg

(ドット)

【プロフィール】

  • 身長175cm
  • 体重67kg
  • 誕生日:11月24日
  • 星座:射手座
  • 血液型:O型。

職業:トレジャーハンター、好きなもの:地図、嫌いなもの:キノコ、趣味:野原で昼寝、大切なもの:バンダナ。

【バックグラウンド】

※最初に:当時のプレイ時の大昔の記憶と、現在の調べた情報でまとめて書いた記事の内容なので、大きな間違いなどもあるかも知れません、ご了承頂けると幸いです。

 

小さい時から父親トレジャーハンターをしており、そんな父親と旅をしている内に父親と同じトレジャーハンターを目指す事に、しかし父親が亡くなった後は、ドロボウやらこそ泥などと周りの人間に言われてきた。

その後レイチェルと出会い、唯一自分をトレジャーハンターとして扱い呼んでくれるレイチェルと、相思相愛の仲になりお互い結婚まで考えるようになるが、レイチェルの父親に反対されてしまう、認めてもらう為に危険な洞窟にある宝物を見つけに向かうが、その途中にロックが事故に遭ってしまう、しかし同行していたレイチェルがロックを庇って代わりに事故の犠牲に、その時の事故の影響でレイチェルは記憶喪失に、その結果レイチェルの父親からも追い出されて、居場所を無くしたロックはコーリンゲンの村から去ることになる。

しかし悲劇はこれだけで終わらず、ロックがコーリンゲンを去った後、コーリンゲンに帝国が襲撃してくる事に、その際レイチェルも襲撃に巻き込まれる。レイチェルは自分が死ぬ直前に記憶が戻り、ロックの名前を呼び「ロックという人が帰ってきたら、愛していると伝えてほしい」と伝言を残し亡くなってしまう。

その後再びコーリンゲンに訪れると、亡くなった姿で愛する女性レイチェルに出会う事となる。しかしレイチェルの遺体は気まぐれな老人の発明した薬で、生きている時と変わらない美しい姿の遺体で保存されていた。そして伝説の秘宝とよばれるフェニックスの魔石があれば、死者を蘇らせる事ができると追い求める事に、帝国の皇帝ガストラがフェニックスの魔石を所持してる事を知り、帝国に対して結成された反乱軍リターナーに所属する事に、そしてたまたま炭坑都市ナルシェに訪れてた際に記憶を失っているティナと出会う事になる。

調べてみると、あぁこんな感じだったなぁと思い出す事が沢山ありましたwロックは最初に仲間になるキャラクターとしても記憶に強いですね。個人的はバリアントナイフで二刀流みだれうちの記憶の方が強いかも、ロックさんにかかればどんな敵でもあっという間でしたw

ロックとレイチェルと最後の会話が、歳を取った今の私には胸に来るものがあります。

【レイチェル】

(最後の一部のセリフを抜粋)

「もう行かなきゃならない・・・、あなたがくれた、しあわせ・・・ほんとうに、ありがとう・・・」

「この私の感謝の気持ちで、あなたの心をしばっている、そのくさりをたち切ってください・・・」

「あなたの心のなかの、その人を愛してあげて。」

ロックをずっと縛り続けいていた自分への別れと感謝、そしてロックに自分への未練を断ち切って、すでに心の中にいるもう一人の女性を愛して、次に進んで欲しいなんて事言える女性は中々いませんよね。こういう一つ一つのセリフと名場面が、私がFF6が好きになった理由かもしれません。

今回はここまでです。それでは~

FF6ロックのテーマ】

www.youtube.com

広告を非表示にする