よりみち団子

【FFRK】FF2『皇帝』ってどんな人だっけ?

スポンサードリンク

どうもおまっとさんです。

 

つい最近FF2イベントにて新追加キャラとして登場した『皇帝』様。

FF2のラスボスっていうのは分かるけど、一体どんな人物だったのでしょうか?

私も色んな資料を調べまとめて、理解を深めていこうかなと思います。

ちなみに私は昔PSP版のリメイクしかやってない上に、かなり前なので記憶も曖昧で、一緒に歴史を遡っていければなと思います。

 

皇帝(FF2)

※小説版にて”マティウス”と名前がついた

 

外見

http://ffdic.wikiwiki.jp/?plugin=ref&page=%A5%AD%A5%E3%A5%E9%A5%AF%A5%BF%A1%BC%2F%A1%DA%A4%B3%A4%A6%A4%C6%A4%A4%A1%DB&src=Emperorff2.jpg

天野喜孝 ver.)           

 

 http://a16img.chip.jp/uimg/d/dajgjmjtja/1/cpc1f35tanA.jpg

野村哲也 ver.)

http://app.famitsu.com/wp-content/uploads/2016/06/bf2c13bc1154e3d2e7df848cbc8be73d.png

(FFBE ver.)

https://cdn-image.pf.dena.com/fa9c327e33426cd5e3dff097aa3feee754c90f9a/1/b139863c-6df6-396a-9265-98ec645b8dae.png

(FFRK ver.)

http://tn-skr4.smilevideo.jp/smile?i=23045363.L

PSP版ムービーシーンの皇帝)

http://i540.photobucket.com/albums/gg330/buckybean/Title%20Logo/ff2_logo.png

 

FF2のロゴも皇帝が描かれてます。

 

外見は様々なシリーズ通して、綺麗な顔立ちにイケメンといった感じ、体つきも細いけど締まった体系なんです。現在で言えば細マッチョな体つきかな?天野さんのデザインでは2種類ありゴツいのと華奢なデザインだあるみたい。

全体的に黄色と紫のカラーで描かれてます。このカラーリングが妖艶で不気味なオーラを醸し出していて、悪役として風格を出してます。

杖or錫杖を片手持っている画像も多く、いかにも魔法使います的な感じです。実際にゲーム内でも様々な魔法を使って主人公達を苦しめてきます。

 

性格・人格

非常に冷徹で冷静かつ独占的な人物な印象です。

目的もただ一つ「世界征服」のみですからね。

セリフ

世界に皇帝は私一人だ!」「身の程知らずのウジ虫が!死ね!!

とにかく最初から最後まで悪役を突き通したキャラクターです。

最近のラスボスは哲学的な考えから凶行に走ったり、過去のトラウマから世界を憎む様になったりと、色んな背景があるのですが、

この「皇帝」様には無く、とにかく自分が「1番になりたい!!」といった理由の潔の良い悪役です。今現在の世の中にも沢山いますねこんな人w

 実はこの皇帝にはこんな話もあるみたいです。

天野喜孝イラスト集によると、前の皇帝がおりその皇帝に従えてた魔術師が、マティウスことFF2の世界のラスボス”皇帝”などの記述があって、これはあくまでも私の想像ですが、実力もあるのにまともに評価されず、そのうちに野心を企てて自分が皇帝になってやろうと思い、実力で皇位を剥奪したなどの可能性もあるかも知れませんね。

でも”初代”皇帝とFF2ではなっているので、経緯は闇の中と言った感じです。もしかしたら前皇帝を暗殺して、その姿を借りてすり替わったなんて事も・・・。

なんせ魔術師ですからね。

 

まぁしかし当時FC(ファミリーコンピュータ)で発売したという事もあり、ハードの容量の都合もありこの皇帝の背景を描けなかっただけかも知れません。今現在で発売していたらもっと皇帝になるまでの経緯などが描かれていたかもしれません。

 

実力

前の文でも書きましたが、魔術師みたいな身なりなので魔法を使いこなしますね。

この皇帝は主人公達に何度倒されます。しかし何度もと書いてある通り力をつけ姿を変えて復活してきます。

人間の時で、FF2の大陸の全土に怪物やモンスターを呼び出したり、FFRKのバースト技でも実装されましが、巨大な竜巻を起こして、その中に要塞を作ったりなんかしています。素の力でこれだけの魔法を操れるのは相当凄いです。

しかしゲーム内で戦う第一戦目の皇帝は相当”弱い”ですwhttps://cdn-image.pf.dena.com/fa9c327e33426cd5e3dff097aa3feee754c90f9a/1/3a5c822f-2a8c-345d-9135-82772d461fdb.png

ヘイストやらバリアやらブリンクで自己強化をしたり、スロウやサンダーで攻撃してきますが、とにかくHPが低い!!

自分も戦った時の事を思い出すと、戦う前に大口叩いたくせに大して強くない印象だったのは覚えてますw

その上自分の前衛にウッドゴーレムと親衛隊のオプションを引き連れて登場です。その後のGBAPSP版などではHPの底上げされましたが、それでも弱い部類に・・・。

しまいにゃ途中のダンジョンの敵の方が強かったなども・・・。

その戦いで使ってくるのが”エリクシャー”ですね。皇帝は前衛の敵に隠れてコソコソ使ってきます。今現在ではエリクサーと呼ばれてるアイテムも、当時は”エリクシャー”と呼ばれていました。このエリクシャーなんと50,000ギルもする高級品なのです。それを湯水のように使ってきます。皇帝という権力者の力を大いに使ってますね。

金は力だ!!これも今の世の中に通ずる所がありますw

 

 

その後主人公達に倒されてパワーアップして蘇ります。

復活の際に自分の城でもあったパラメキア城を吹き飛ばして、地獄の宮殿パンデモニウムの幻が出現して、そこで主人公達を待ち受けます。

http://ffdic.wikiwiki.jp/?plugin=ref&page=%A5%E2%A5%F3%A5%B9%A5%BF%A1%BC%2F%A1%DA%A4%B3%A4%A6%A4%C6%A4%A4%A1%DB&src=Emperor%D8%A8.png

(FC版)

ファミコン版のパンデモニウムの皇帝は、頭部に複数の蛇がついていて、もはや人間としての名残は無く怪物としての姿で登場します。ラスボスとしての風格もバッチリでています。

攻撃も人間形態の時よりも豊富な魔術で主人公達を苦しめてきます。

スロウ・ブライン・カーズ・デスペルといった状態異常魔法のオンパレード、

攻撃呪文もいんせき・フレアーの高火力の魔法でパーティ全体を全滅に追い込んできます。

FF2他のシリーズに無い育成方法が魅力ですが、特殊な育成方法でなく普通に育てて真っ向勝負を挑むとかなりの強敵で、まさにラスボスの地位に相応しくなってます。

 

GBAゲームボーイアドバンス)版以降の作品は、2つの人格に分かれた皇帝として主人公達を待ち受けます。

 

悪の皇帝

FC版同様のパンデモニウムで待ち受けるのは、悪の人格を持つ悪の皇帝です。

http://ffdic.wikiwiki.jp/?plugin=ref&page=%A5%E2%A5%F3%A5%B9%A5%BF%A1%BC%2F%A1%DA%A4%B3%A4%A6%A4%C6%A4%A4%A1%DB&src=emperorGBA.png

 (GBA版)

f:id:spookyman:20161015144802j:plain

PSP版以降のデザイン)

禍々しさがリメイク版で増していってますね。実際に私はPSP版をプレイしていたので、こっちの皇帝のデザインの方が記憶に強いです。

善の皇帝

善と謳ってますがますが、中身はやっぱり皇帝です。本質は悪の皇帝となんら変わりなく、「私を許せば永遠の楽園で暮らせる」なんて綺麗な言い方してますけど、「私を許して認めれば、私の世界で暮らしても良いよ?」って事です。なんで上から目線なんですかねw

所詮外道は外道、自己中心的で独占的なのは相も変わらずといった感じです。

攻撃は悪の皇帝にホーリーが加わったのみでそこまで大きな変化は無いといった感じ、白魔法ホーリー使えて、少しでもクリーンな所を見せようとしている皇帝様ですがが、甘い甘いw

見た目は黄金色を基調として、沢山の羽が生えた天使やら女神の様なデザインです。

http://ffdic.wikiwiki.jp/?plugin=ref&page=%A5%E2%A5%F3%A5%B9%A5%BF%A1%BC%2F%A1%DA%A4%B3%A4%A6%A4%C6%A4%A4%A1%DB&src=emperor%C1%B1.png

GBA版)

http://blog-imgs-47.fc2.com/s/e/v/seventhdrive/FF2ad_13.jpg

PSP版以降)

誰もが感じるこのデザイン・・・そうあの人だ・・・

f:id:spookyman:20161015150725j:plain

小林◯子さん!!?

これはFF2をやったなら誰もが思った事でしょうねwもしかしたらこれが本当に元ネタかもねw

 

 余談

そして見事に撃退すると

「おろかな…!いつまで続けるというのか…」
「血塗られた…戦いの‥‥歴‥史‥」

ウボァー!!」

この最後の「ウボァー」の断末魔こそが、現在の皇帝の人気の理由になったひとつじゃないでしょうか?

FFシリーズではよく変わった言い回しや発言をするキャラがたまに出現します。

似たような発言でネタにされて人気がでたFF4ゴルベーザの「いいですとも」や、FF5エクスデスの「ファファファ・・・」「カメェェェッー!」など沢山の名言・迷言があります。

ウボァー」は他のシリーズでもイジられていてDFFDISSIDIA FF)なんかじゃ、FF10の主人公のティーダに「ウボァー!ってなんスか?」なんて掛け合いで、イジられていますw

 

ちなみに私の大好きなFF12にも本人出演ではないのですが、ある形で”皇帝”もといマティウスで出てきます。

http://img2.finalfantasyxiv.com/accimg/0d/dc/0ddcf9d9eea6676c9e923be7dcbd662e3ffc0a0b.jpg

これはかなり有名ですね、召喚獣としてデザインなどは大きく違いますが出てきてます。他にもFFシリーズのラスボス5体が

FF1:カオス、FF2:皇帝、FF3:暗闇の雲、FF4:ゼロムスFF5エクスデス

モチーフとなった召喚獣が出てきましたね。

 

最後に

様々形で今なお愛されてるラスボス”皇帝”様、最初から最後までラスボスとしての立ち位置を譲らずに、悪役として立ち回りをきっちりとしていて、このブレない「世界征服」の目的と信念があるからこそ人気の秘訣でもあり魅力にも感じました。主人公達がいくら良くてもそれを引き立てる要素の悪役がいるからこそですもんね。ポッとでのラスボスはやっぱり印象に残らないですし、悪役にも愛着が出てくるもんです。

えっと・・・けしてペプ◯マンの事ではないですw

http://ffdic.wikiwiki.jp/?plugin=ref&page=%A5%E2%A5%F3%A5%B9%A5%BF%A1%BC%2F%A1%DA%B1%CA%B1%F3%A4%CE%B0%C7%A1%DB&src=necron.png

「呼んだ・・・?」

 

それでは今回はここまでです。それでわ~